ジューリョーAGAINが、ダメダメそうな主人公が出てきて面白そうな予覚がしたから読んでみたのです。根暗でオタなで眼鏡な少年はウエイトリフティング部へやってきますが、主人はウエイト養成というかボディビルという間違えてきた感じだ。取り敢えず、実践やってない奴なら、どっちがどっちかわからないのは仕方無いと思います。会員としてはジューリョーAGAINという名から、こういうコミックが重量挙げ間柄だと知るのですが、ひょっとしたらここでも勘違いしている奴っていそうですよね。自分理解が苦手な主人は、流されるように重量挙げを体験する伸長となります。但し1奴望ましいギャルが入部やる要素が、やはり二度合いの業界ですなあと思いました。ただ彼は品性が異様にキツい要素が得意の、僅か逆がありそうな奴ですね。やはり、主人公の1年生ダディは、か弱い体調だけにシャフトだけでも上がらないので、仕方無く全身の力で副作用を通じてウェートを上げました。それでも、これがウエイトリフティングの極意だと、勝手に名人が感動して褒め称えた結果、元オタなダディが入部するから興味深いだ。なので初日の進歩が、オモリ無しのシャフトだけをかついでのジャンプだけという情況ながら、主人はそれすら出来ないのです。あんな紳士が、本当にギャルの提唱で、自分のウェイト近くのウエイトをリフト行うだから、実にこういう作は趣向がありますね。まず、ジューリョーAGAINは読み積み重ねるコミックとして、脳内に記載された事はいうもありません。